/

松山市内の聖火リレー中止、他市町実施も感染状況注視

愛媛県の中村時広知事は14日、4月21日に予定されていた松山市内の聖火リレーの中止を発表した。県内の他市町での聖火リレーは今のところ変更しないが「今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては(他市町でも)中止がありうる」としている。

県内の聖火リレーは21~22日に予定され、松山市内では道後地区から市中心部の公園までの区間で実施予定だった。道後地区の宿泊事業者は「医療機関への負荷を考えるとやむを得ないが、道後を含め地元活性化のきっかけと期待していたので(中止は)残念だ」と話す。

愛媛県内では21日までの期間、新型コロナに対する警戒レベルを「感染対策期」に引き上げ、松山市などで不要不急の外出自粛などを求めている。同市繁華街では発生した新型コロナの大規模クラスター(感染者集団)をきっかけに、県内各地へ感染が拡大している。14日に県が発表した新規陽性者数は30人となお高水準で、拡大に歯止めがかかっていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン