/

北陸電力、牧発電所の最大出力上げ

北陸電力は14日、牧発電所(岐阜県飛騨市)の最大出力を2200キロワット増の4万2700キロワットにしたと発表した。既存設備の性能確認試験をしたところ、発電余力があると判明したため。年間発電量は一般家庭約1800世帯の年間使用量に相当する約570万キロワット時増える。経済産業省に出力変更を届け出た。

北陸電力は出力変更で二酸化炭素の排出を削減する

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン