/

この記事は会員限定です

鳥取県、クラスター対策を強化

[有料会員限定]

鳥取県の平井伸治知事は14日の記者会見で、年末年始に新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が相次いだことを受け、社会福祉施設を対象に感染予防策を支援する制度を創設すると発表した。パーテーションや換気設備などを導入する場合、20万円を上限に9割まで補助する。すでに同様の支援制度がある飲食店については、予防策を拡充する場合も補助する。

関西など7府県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、県民向けに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン