/

この記事は会員限定です

北陸新幹線、敦賀延伸1年遅れ 地元負担増を懸念

[有料会員限定]

2023年春に予定されていた北陸新幹線の敦賀延伸は開業が1年遅れる見通しとなった。建設費用は約2658億円増え、計約1兆7000億円まで膨らむ。地元自治体は「100年に一度の好機」と捉えて準備を進めていただけに、落胆は大きい。実質的な地元負担も最大で133億円増える見通しとなり、鉄道建設・運輸施設整備支援機構への反発も根強い。

北陸新幹線の延伸に伴う福井県への経済効果は年309億円――。ビジネスや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2125文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン