/

この記事は会員限定です

自治体、ANAから出向受け入れ 航空路線の維持に躍起

クリック

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで経営が厳しいANAグループの社員を、出向職員として受け入れる自治体が相次いでいる。自治体側にはANAを支援することで、地元空港の航空路線を維持する狙いがある。中には地元空港の着陸料を減免する動きもある。

鳥取県はANAホールディングスの社員数人の出向を県庁で受け入れる。交通政策や観光を担当する部署で働いてもらう。同県では企業の社員の身分を残しながら、期間限定で県職員として勤務する「併任」の職員を、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン