/

この記事は会員限定です

和歌山など3県企業、感染対策と経済両立へ柔軟対応

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で大阪など3府県に緊急事態宣言が再発令され、滋賀、奈良、和歌山の周辺3県の企業も対応を進めている。ただ直接の対象地域ではなく柔軟な対応が目立つ。感染対策のノウハウ蓄積もあり、経済活動との両立を探る。

横編み機大手の島精機製作所は今回の緊急事態宣言で取引先が商談などで来訪することは制限していない。「前回は手探りの対策だったが3密を避けるなどの手法が定着してきた」という。プリント基板製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン