/

この記事は会員限定です

北陸の景況改善 製造業は8期ぶり、マイナス幅縮小

[有料会員限定]

北陸企業の景況感が改善している。日銀金沢支店が14日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)で、製造業の業況判断指数(DI)はマイナス30と前回の9月調査から17ポイント上昇した。アジアなどで自動車関連製品の需要が持ち直し、8期ぶりに前回調査を上回った。2期連続の上昇となった非製造業とともに、マイナス幅が縮小した。 

全産業のDIはマイナス22と15ポイント上昇した。製造業で悪化した業種は化学だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン