/

この記事は会員限定です

三和ドック、船舶の環境規制が追い風 売り上げ過去最高

going

[有料会員限定]

巨大化した中韓勢との価格競争で苦境にある日本の造船業界だが、その中で上り調子なのが修繕・改造が専門の三和ドック(広島県尾道市)だ。世界的に厳しくなる環境規制への対応で排ガス浄化装置などの取り付け注文が増え、2020年8月期の売上高は過去最高の72億円となった。ドックの大型化も計画中で、船主の要望への対応力に磨きをかける。

同社の仕事を増やしているのが、硫黄酸化物(SOx)に関する国際海事機関(IM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン