/

この記事は会員限定です

愛媛大の仁科弘重学長、対面授業拡大 大学院で公衆衛生              

トップに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が大学教育にも大きな変革を迫るなか、愛媛大学は感染防止策や新しい授業・研究活動のあり方を模索している。公衆衛生分野を念頭に大学院改革を推し進める一方、産業振興面での貢献など地域からの期待も大きい。新学長に4月に就任した仁科弘重氏に今後の方針を聞いた。

――学長就任にあたり、どのような大学運営を目指しますか。

「人が一生の間に必要とする学びというものは、大学などを卒業し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン