/

金沢市がパートナーシップ制度 LGBTカップルに対応

金沢市は、LGBT(性的少数者)や事実婚など、法律婚できないカップルを公認する「パートナーシップ宣誓制度」を導入する。公認を受ければ、市営住宅への入居などの行政サービスを利用できるようになる。5月11日までパブリックコメントを募集し、7月からの運用開始を目指す。

法律婚できない事情を抱えた成人が対象となる。パートナーのどちらかが市内に居住していれば申請できる。金沢市は宣誓書の受領証をもとに公認する。親族しか入居できなかった市営住宅において同居が可能になる。

医療面では、市立病院においてパートナーが手術に同意できるようになるほか、入院の際には保証人として認められる。治療における医師の説明も家族扱いで受けられる。

市によると、北陸3県で同様の制度を導入している自治体は13日時点にはないという。金沢市は2020年にSDGs(持続可能な開発目標)を推進する「SDGs未来都市」に選ばれた。行動計画に基づき、ジェンダー平等を推し進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン