/

この記事は会員限定です

阪神大震災26年 新産業育成、コロナで逆風も新たな芽

阪神大震災26年 コロナを越えて㊤

[有料会員限定]

1995年1月17日に発生した阪神大震災から四半世紀の節目を経て、新たな飛躍を期した年に、兵庫県や神戸市も新型コロナウイルスの災禍に見舞われた。産業振興や再開発計画は翻弄され、税収減は行政の成長戦略に影を落とす。コロナ禍を乗り越えて、復興から次のステージに進むための底力が試される。

来客対応などオフィス業務の自動化システムを手掛けるACALL(アコール)。2010年に大阪市で起業し、兵庫県芦屋市を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン