/

福井知事「議論の入り口立った」40年超原発の再稼働で

関西電力の森本孝社長は12日、福井県の杉本達治知事を訪ね、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の候補地を「2023年末を最終期限として確定する」と説明した。杉本知事は県内にある稼働開始から40年を超える原子力発電所3基の再稼働の判断を巡り「県議会での議論など対応を十分検討する」と応じた。

杉本知事は中間貯蔵施設の県外候補地の提示を「議論の前提」としてきた。森本社長は23年末に候補地を確定できない場合「(再稼働していても)美浜3号機(美浜町)、高浜1、2号機(高浜町)の運転を停止する。不退転の覚悟を持って取り組む」と述べた。杉本知事は面談後、報道陣に「一定程度の回答をもらった。議論の入り口に立った」と話した。

面談には資源エネルギー庁の保坂伸長官も同席し「計画地点の確定へ関係者の理解確保に事業者と最善を尽くす」と約束した。オンラインで参加した梶山弘志経済産業相は「運転終了後の立地地域の持続的な発展につながる取り組みを最大限支援する」と述べ、再稼働への協力を求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン