/

富山県の戦略会議 投資会社首脳やヤフーCSOが委員に

富山県は12日、県の経済振興策について話し合う「成長戦略会議」のメンバーを発表した。投資会社レオス・キャピタルワークスの藤野英人会長兼社長や料理宅配を手掛ける出前館の中村利江前会長ら11人が参加する。慶応大教授でヤフーCSO(最高戦略責任者)の安宅和人氏も、議論のとりまとめなどに加わる特別委員となる。

富山県成長戦略会議の委員となるレオス・キャピタルワークスの藤野英人会長兼社長

成長戦略会議は2020年10月の選挙で初当選した新田八朗知事が設置の方針を示していた。新田知事は12日の記者会見で「富山を他地域と大きく差別化したい。突き抜けた議論をしてほしい」と話した。

メンバーは富山にゆかりのある人を中心に選んだ。委員長はシステム会社インテックの中興の祖である中尾哲雄氏(富山経済同友会特別顧問)が務める。藤野氏は日本の成長企業に投資する「ひふみ投信」を運用するレオスのトップで、富山県朝日町の特命戦略推進監にも就いている。

スタートアップのロビイングを支援するマカイラの藤井宏一郎代表など、起業の促進を意識したメンバーも入った。地方の事情に詳しい日本総合研究所の藻谷浩介主席研究員も加わる。

19日に第1回の会議を開く。その後も月1回のペースで開催し、経済・産業分野を中心に議論する。6月ごろに中間のとりまとめをする予定。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン