/

この記事は会員限定です

四国の将来像に「若者の意見反映」四経連・佐伯会長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大はいまも収束を見通せず、四国経済に大きな影響を与えている。人口減少など既存の課題への対応を含め、四国経済連合会(四経連)は活性化に向けた戦略をどう描くのか。佐伯勇人会長(四国電力会長)に聞いた。

――四経連の今後の活動方針を教えてください。

「国に様々な要望をしてきたが、それだけでいいのかという問題意識があった。新幹線の誘致や高速道路の整備、四国遍路の世界遺産登録などの活動はこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン