/

しまなみ海道デザインのウエア、沿線で発売 無料化継続

しまなみ海道自転車道利用促進協議会の広島事業本部は、独自につくったサイクリングウエアの販売を始めた。瀬戸内しまなみ海道の走行ルートをもとにしたデザインにし、両脇には特産品であるレモンをイメージした黄色を配した。背面には国の「ナショナルサイクルルート」のロゴもあしらった。売上高は同海道の自転車通行料の無料化を続ける原資に充てる。

しまなみ海道のサイクルルートをデザインした

Tシャツは1着8800円で、しまなみ海道沿いのコンビニやガソリンスタンドなどで販売する。まずは100着を販売し、売れ行き次第で追加で製作する予定だ。

しまなみ海道は愛媛県今治市と広島県尾道市を結んでおり、全長約70キロメートルのサイクリングロードが整備されている。自転車で全てを通行すると本来500円かかるが、本州四国連絡高速道路(神戸市)は2022年春まで通行料を無料にしている。無料化による減収分は広島県と愛媛県が、しまなみ海道自転車道利用促進協議会を通じて折半している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン