/

龍谷大、「仏教SDGsを推進」 学長が基本方針

龍谷大学の入沢崇学長 は「仏教SDGsを推進する」と基本構想を示した

龍谷大学は12日に記者会見を開き、国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)と建学の精神である仏教を組み合わせた取り組みを推進する方針を示した。環境問題などに貢献する企業や大学発スタートアップの支援・育成に力を入れる。入沢崇学長は「全学をあげて『仏教SDGs』に取り組んでいく」と述べた。

2039年の創立400周年に向けた基本構想の中で、重点項目としてSDGsの推進をかかげた。入沢学長は「当学では仏教の利他精神でSDGsに取り組みむことを『仏教SDGs』と呼んでいる」と説明。

具体的な取り組みのひとつが環境や社会課題への意識が高い企業の支援だ。20年12月に京都信用金庫など地域金融機関と協定を結び、ESG(環境・社会・企業統治)経営を促す認証制度を設けた。財務的な面だけではなく、環境問題などの取り組みを与信評価につなげる。4月1日から企業の応募を受けつけ、順次認証していく。

貧困や環境問題などの社会課題の解決を目指す「ソーシャルビジネス」の起業支援にも力を入れる。地域社会や学外機関と連携する学内機関「龍谷エクステンションセンター」などハブとして課題を発掘。学生には起業プログラムやビジネスプランコンテストなどに参加してもらうことで、起業精神を育んでいく。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン