/

未来医療推進機構、イノベーション支援事業者募集

大阪・中之島で2023年12月ごろの竣工を目指している先端医療の研究拠点「未来医療国際拠点」の運営組織、一般財団法人未来医療推進機構は、同拠点のインキュベーション施設などを運営する事業者の募集を始めた。事業者は同機構とともに、再生医療などライフサイエンス分野のスタートアップの創出・成長を支援するエコシステム構築に取り組んでもらう。

募集期間は2月12日まで。3月末ごろに候補者を決定し、6月末ごろの賃貸借予約契約の締結を目指す。同拠点を構成するR&D棟の3~5階フロアで実施する運営プランをハード、ソフトの両面から提案してもらう。原則として15年間、賃借してもらう予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン