/

福井知事「同意のスケジュール感ない」40年超原発巡り

関西電力の森本孝社長は12日、福井県庁を訪ね、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の候補地について「2023年末を最終期限として確定できなければ美浜3号機(福井県美浜町)、高浜1、2号機(同県高浜町)の運転を停止する」と説明した。杉本達治知事は「県議会での議論を検討する」と答え、稼働から40年超の原子力発電所3基の再稼働是非の判断に入る姿勢を示した。

関電の森本社長らと面談する福井県の杉本知事㊨(12日、福井県庁)

杉本知事はこれまで中間貯蔵施設の県外候補地の提示を「議論の前提」としてきたが、今回、森本社長は青森県むつ市にある中間貯蔵施設を電力各社で共用する案についても提示。むつ市の宮下宗一郎市長は反発しているが、杉本知事は面談後の報道陣の取材に「覚悟を示された。議論の前提はクリアされた」と述べ、2月に開催される県議会での議論を促すとした。一方で、「同意についてのスケジュール感はない」とも話した。

県内の原発では高浜1、2号機(高浜町)については町議会と野瀬豊町長が再稼働に同意、美浜3号機(美浜町)も町議会は同意している。県が国や関電に条件としてあげていた関電のコンプライアンス向上、地域振興への協力、国の原子力行政の方針の明確化や国民への発信など、少しずつ前進している課題も多い。

中間貯蔵施設の県外候補地を巡っては、17年11月に西川一誠知事が関電の岩根茂樹社長(いずれも当時)から「18年中に具体的な計画地点を示す」との説明を受けて大飯3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に同意した経緯がある。

だが、関電は18年12月になっても具体的な地点を示せず、岩根社長本人が西川知事に謝罪のうえ「20年を念頭に示す」と改めて約束。20年12月に関電の松村孝夫副社長が「報告できる状況にない。早めに改めて報告したい」と話すにとどまっていた。

杉本知事は「確定できなかった場合のことも明示した。そのまま約束をほごにされることはない」と話すが、森本社長は面談後の報道陣の取材に「不退転の覚悟だ」と繰り返すだけで、具体的な候補地確定への道筋は示せなかった。今回の関電の説明で県民の理解が得られなければ、前進したように見える再稼働は再び不透明となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン