/

この記事は会員限定です

「夢の糖」希少糖、研究成果を地域へ 香川大農学部

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

香川大学農学部は「夢の糖」と呼ばれる希少糖研究に力を入れている。砂糖と同等の甘さを持ちながら、カロリーゼロなのが異名の由来。研究成果を地域活性化に生かそうと、産官学連携による関連産業の育成も進む。食品だけでなく、農業への活用も始まるなど裾野は広がりつつある。

希少糖はブドウ糖や果糖と同じ単糖で、自然界に存在するのはわずかという。農学部の何森健教授(当時)が1991年、果糖を希少糖に変換させる酵素を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン