/

香川県のドクターヘリ、四国航空に委託 22年度運航

香川県は2022年度から導入を予定しているドクターヘリの運航業務を、四国電力グループの四国航空(高松市)に委託した。期間は25年3月末までで、委託金額は6億1776万円。

機体の確保や県が用意する医療機材の積み込み、パイロット・整備士の育成など準備が必要なため、運航開始に先立って業務を委託した。四国航空は11年から高知県でドクターヘリの運航を受託している実績がある。

香川県は高齢化などに対応した救急医療体制を整えるためにドクターヘリの導入を決め、今年度から施設整備や人材育成などの予算を計上している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン