/

この記事は会員限定です

中川政七商店、「ならまち」から事業創出 新施設4月開業

[有料会員限定]

生活雑貨や工芸品の企画製造販売を手掛ける中川政七商店(奈良市)が4月14日、奈良市の「ならまち」エリアに初の複合商業施設「鹿猿狐(しかさるきつね)ビルヂング」を開業する。旗艦店となる「奈良本店」や関西初の飲食店などが入り、創業地域の活性化につなげる。奈良発の新事業創出も後押しする。

新施設は近鉄奈良駅から徒歩7分、猿沢池にほど近い同社の創業地に隣接する。古い木造家屋や商店が立ち並ぶ周囲の景観に合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン