/

岡山大学病院に「コロナ・アフターケア外来」 15日開設

新型コロナ感染後遺症の外来を受け付けることになった岡山大学病院

岡山大学病院(岡山市)は15日に新型コロナウイルス感染の後遺症を抱える患者を対象とした「コロナ・アフターケア外来」を開設する。同病院の総合内科・総合診療科で対応。感染から回復後も、筋力低下や不眠、脱毛、不安・抑うつなどに悩む患者を対象に診断、治療を行う。医療機関からの紹介が必要で、当面は月曜、火曜日を診療日とする。

新型コロナの罹患(りかん)後の症状は多種多様で診療も難しくなっている。同病院では専門的な検査が充実、他の診療科や外部の医療機関との連携体制が整っていることから「大学病院の特性を生かし円滑な診療を進めたい」(同科)と開設を決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン