/

世界で1つだけの缶詰 浪速工作所、小学生に缶詰の製造体験

世界で1つだけの缶詰をつくろう――。金型・設備製造の浪速工作所(堺市)は10日、地元の小学5年生を本社工場に招き、缶詰製造の体験イベントを実施した。自社などで開発した数値制御(NC)方式の缶詰製造機「CANメーカー」を利用。子どもたちは宝物や10年後の自分への手紙などを入れ、自ら操作して缶詰をつくっていた。見学会は11日も開く。参加無料で要予約。

体験したのは缶の胴部にフタをかぶせ、ロールで密着させる「巻き締め」という工程。NC方式の製造機なので、電子レンジのような簡単な操作で密封できる。子どもたちは自分の好きなキャラクターのフィギュアや貝殻などを缶に入れ、未来の自分へのプレゼントとして封じ込めていた。

プログラミングを学んでいるため、電子制御された缶詰製造機の内部を熱心にのぞき込む男の子もいた。谷本和考社長が「子どもたちの記憶に残る工場見学にしたい」と考えて企画した。

浪速工作所の工場見学は、堺市や大阪府八尾市などの中小企業35社が参加して10~12日に開くイベント「ファクトリズム」の一環。「こうばはまちのエンターテインメント」を合言葉に、リアルやオンラインの工場見学会などを催す。2025年の大阪・関西万博に向け、今後もイベントを企画していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン