/

この記事は会員限定です

急速冷凍でおいしさアップ 鳥取の企業が新型冷凍機

[有料会員限定]

鳥取県産業技術センター食品開発研究所(同県境港市)と冷凍機製造のトライアングル(同県米子市)は、マイナス30度の不凍液で急速冷凍する飲食店向けの小型冷凍機を開発した。同研究所が「ブライン液」と呼ばれる触媒を使った冷凍で海産物などの味わいを向上させる手法を確立。鮮度だけにこだわらない新たな食材の提供方法として、飲食店や加工業者への普及を目指す。

同研究所がブライン液を使って海産物などの食材を冷凍する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン