/

この記事は会員限定です

関西で「歩く」通じた財政再建 社会保障費の抑制急務

[有料会員限定]

高齢化で医療や介護などの社会保障費が国や地方自治体の財政を圧迫している。新型コロナウイルス禍で財政出動が加速する中、関西の自治体や民間企業で身近な「歩く」ことを通じて、財政負担軽減につなげる取り組みが動き出した。

兵庫県宝塚市のデイサービス施設の一室で、要介護の高齢者が天井からつるしたベルトで腰回りを固定し、マシンを使って歩く訓練をしている。サービスを手がけるのは同市に本社を置くポラリスで、寝たき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン