/

この記事は会員限定です

石川の町内会、ICT化進む アプリで回覧板や防災も

[有料会員限定]

石川県の町内会で情報通信技術(ICT)を使った活動が広がってきた。地域情報をリアルタイムに住民のスマートフォンに届けたり、災害時の安否確認を支援する体制を整えたりする。活動を支えるのがソフト開発のシーピーユー(CPU、金沢市)のアプリ「結ネット」だ。

「行事をやる場合も誰が参加するかが、すぐ分かる。紙の回覧ではあらためて電話で確認が必要だった」。金沢市の米泉小学校区の町会連合会会長、山田八郎さんは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン