/

この記事は会員限定です

北陸企業、地震や大雪に備え BCP策定は低水準

[有料会員限定]

東日本大震災が発生してから、11日で10年がたつ。北陸3県の企業では地震や自然災害に備えて社員の訓練やサプライチェーンの見直しに取り組む企業が増えた。ただ、BCP(事業継続計画)の策定は全国に比べると進んでいない。今後の北陸企業の大きな課題だ。

「地震が発生しました!」。間仕切り大手のコマニーは毎年秋、震度6強の地震を想定した避難訓練を実施している。本社で放送が鳴ると、社員らはとっさに机の下にもぐり、1階...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン