/

この記事は会員限定です

みなと銀行・武市社長「りそな、武器を提供してくれる」 

[有料会員限定]

兵庫県地盤のみなと銀行の社長に1日就任した武市寿一氏は日本経済新聞の取材に対し、「真の県民銀行」を旗印に地域密着型のビジネスを強化すると述べた。2021年10月をメドに、人材紹介事業に本格参入すると表明。関西みらい銀行とみなと銀を傘下に置く関西みらいフィナンシャルグループ(FG)が4月、りそなホールディングス(HD)の完全子会社になったことによる、りそなグループとの相乗効果に期待感も示した。

――みなと銀の強みをどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン