/

この記事は会員限定です

地銀の手助けで院内防護ガウン量産 徳島の民間病院

[有料会員限定]

徳島市の民間病院が地元の地方銀行の手助けで、院内で働く人が着用する自家製の防護ガウンの量産にこぎつけた。トモニグループ傘下の徳島大正銀行が地元の縫製会社に話をつないで安定した調達が実現。10月からネットを通じて外販も始めた。地域にきめ細かいネットワークを持つ地銀ならではの社会貢献の一例といえそうだ。

不織布で作った防護ガウンの量産体制を作ったのは医療法人徳松会の松永病院。新型コロナウイルスの感染予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン