/

クスリのアオキHD、食品スーパー事業買収 関東出店強化

クスリのアオキホールディングス(HD)は8日、子会社のナルックス(石川県白山市)にスーパーマルモ(茨城県土浦市)の食品スーパー事業を吸収分割させる契約を締結したと発表した。6月1日付でナルックスが事業を承継する。生鮮食品を取り扱う店舗を増やし、関東での出店を強化する狙い。

生鮮食品も取り扱い、関東への出店を強化する

吸収分割にかかる金額は非公表。スーパーマルモはスーパー以外に飲食店や総菜の加工などを手掛けており、2020年2月期の売上高は55億円だった。茨城県内で展開する7店舗は「クスリのアオキ」に改装する。鮮魚などの生鮮食品に加えてドラッグや日用品、調剤薬局を置くとみられるが、「詳しい内容は検討中」(クスリのアオキHDのIR担当)という。

同社が食品スーパーをM&A(買収・合併)するのは4例目となる。20年にナルックスと京都府北部に展開するフクヤ(京都府宮津市)を買収し、21年2月には石川県の能登地域のサン・フラワー・マリヤマ(石川県輪島市)の吸収合併を発表した。

ドラッグストアの出店競争は激化しており、スーパーとドラッグストアの融合で地域の顧客を取り込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン