/

フジ、純利益を上方修正 21年2月期

スーパーのフジは8日、2021年2月期の連結純利益が前期比29%減の37億円になりそうだと発表した。従来予想から8億円上方修正した。売上高にあたる営業収益は同微増の3150億円で据え置いた。新型コロナウイルス感染再拡大の影響で、食品などスーパー事業が堅調。需要変化に対する発注精度の向上や在庫削減、コスト抑制で利益率が改善した。

同日発表した20年3~11月期の連結業績は、営業収益が前年同期比ほぼ横ばいの2326億円、純利益が同4%減の35億円だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン