/

この記事は会員限定です

波力発電の新技術、隠岐で実験 23年度の実用化目指す

ウエーブ島根

[有料会員限定]

海の波を利用して電気を生み出す波力発電。地球に優しい再生可能エネルギーの一つとして期待されるが、費用面などの課題から普及が遅れている。神奈川県のスタートアップ企業が海上での設置が容易で耐久性も優れた新たな波力発電装置を開発。このほど島根県の隠岐諸島で実証実験を行った。脱炭素社会に貢献する技術として2023年度の実用化を目指す。

「このタイプの波力発電は世界初。特許技術が詰まっている」。慶応大学発ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン