/

この記事は会員限定です

北陸電力、水力発電の能力再計測 再生エネ上積み進む

[有料会員限定]

北陸電力が水力発電能力を再測定している。水車や発電機を設置した際に想定した能力を上回って発電できる例があるためだ。約130カ所の水力発電所のうち13カ所が該当し、約8100世帯分の需要に相当した。全社の供給量に占める割合はわずかだが、再生可能エネルギーの価値が高まるなか、思わぬ資源になっている。

富山県と岐阜県の県境に近い場所にある神通川水系の牧発電所(岐阜県飛騨市)。2020年12月、北陸電力は出力を2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン