/

この記事は会員限定です

住民が地域の足に オムロンのアプリ活用、京都・舞鶴で

[有料会員限定]

オムロンや日本交通(大阪市)は2022年度にも、京都府舞鶴市で住民がドライバーとなって車を融通し、目的地まで送迎する新たな仕組みを導入する。オムロンが開発した配車アプリを活用する。予約を通じて目的地まで送迎する「デマンド交通」の一種で、公共交通が限られた過疎化が進む地域を中心に自助モデルの構築を目指す。

過疎地域などでは自家用車を用いた有償送迎が認められている。利用者がスマートフォン用のアプリ「meemo...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン