/

この記事は会員限定です

闇に輝く林業の支え 福井・大野の木質バイオマス発電所

映える!

[有料会員限定]

深夜に福井県大野市の郊外を車で走っていると、田んぼの真ん中に白く輝く建造物がはっきりと見えてくる。福井グリーンパワー(大野市)の木質バイオマス発電所だ。県内を中心とした間伐材を燃料に24時間体制で稼働する。闇夜に目立つその姿には福井県内では数少ない工場夜景としても注目が集まる。

総工費約40億円をかけ、2016年4月に営業運転を開始した。敷地内には多くの原木が並べられ、次々と燃料用の木質チップに加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン