/

この記事は会員限定です

次世代がん治療、岡山大の中性子医療研究がけん引

[有料会員限定]

次世代がん治療として期待される中性子医療が本格的に動き始めた。中性子とホウ素の核反応を利用、正常細胞は傷つけず、がん細胞だけを死滅させるスマートな治療法で、日本の研究はトップレベル。2020年6月に世界に先駆けて保険診療がスタートする中、岡山大学(岡山市)中性子医療研究センターは高性能な新薬を開発、がん医療の最先端に躍り出た。

昨年12月、同センターの道上宏之准教授らは「ホウ素とペプチドでがんをや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン