/

金沢の百貨店エムザ 名鉄が売却「雇用維持に期待」

めいてつ・エムザ周辺には近江町市場などがある(金沢市)

名古屋鉄道は8日、百貨店「めいてつ・エムザ」を運営する金沢名鉄丸越百貨店(金沢市)とホテル事業の金沢スカイホテル(同)を、ディスカウントスーパーのヒーロー(茨城県牛久市)に売却すると発表した。エムザ、ホテルとも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて業績が低迷しており、自社での再生を断念する。

31日付で2社の全株式をヒーローに譲渡する。譲渡額は明らかにしていない。名鉄はヒーローのM&A(合併・買収)などの実績に触れ「収益改善の可能性や従業員の雇用維持などが期待できる」と説明する。ヒーローの担当者はエムザとホテルの運営について「現時点で回答できることはない」と述べるにとどめた。

金沢名鉄丸越百貨店は2020年3月期に17億円の最終赤字(前の期は3600万円の赤字)となり、債務超過に陥っている。金沢スカイホテルはエムザの上層階でホテルを経営しており、20年3月期に8200万円の最終赤字(前の期は700万円の黒字)と振るわない。

名鉄は金融機関と再生に向けた話し合いをしてきたが、コロナ禍による観光客の減少や営業自粛が重なり売却を決めた。北陸では近年、イオンモールなど大型商業施設の開業が続いている。インターネット通販との競争も激しく、百貨店は厳しい経営環境にある。大和も19年8月に高岡店(富山県高岡市)を閉めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン