/

学生のビジネスプラン審査会、愛媛県など開催

愛媛県とえひめ産業振興財団は18日、学生から提案されたビジネスプランに関する審査会を松山市内で開催する。大学生と高校生による計8件の提案内容が発表され、最優秀賞などを決定する。起業の促進に向け県が推進する「愛媛グローカル・フロンティア(EGF)プログラム」の一環として、将来の若手起業家の輩出にもつなげる狙い。

「EGFキャンパスアワード」の名称で開催し、提案者のほか創業サポーターなどを含む約40人が参加の予定。8件の中には古民家や空き家を活用した物販や共用施設の開設、農業体験などの提案が含まれる。地元農水産品の販路開拓のほか、塾に入る前の小中高生に向けた塾の無料見学ツアーなど、学生の感性を生かした提案が多く含まれているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン