/

この記事は会員限定です

北陸3県11月街角景気、6.3ポイント低下 コロナ第3波響く

[有料会員限定]

内閣府が8日発表した11月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、北陸3県の現状判断指数(DI、季節調整値)は6.3ポイント低下の52.6だった。新型コロナウイルスの感染者が増加し、再び外出を自粛する傾向が強まった。

観光業を中心に売り上げの減少を危惧する声が相次いだ。旅行業者からは「他地域への個人旅行を含め予約取り消しが始まっている」、テーマパークからは「唯一動い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン