/

この記事は会員限定です

航空機向け超耐熱合金など開発加速 島根大に研究拠点

[有料会員限定]

島根県の産学官と国が取り組む新しい先端金属素材の研究開発拠点「次世代たたら協創センターNEXTA」が、このほど島根大学(松江市)に完成した。総工費は約7億円。今春開所予定で、航空機向け超耐熱合金の開発などを目指し研究を加速させる。

NEXTAは鉄筋コンクリート造3階建てで、延べ床面積は約1800平方メートル。2018年に内閣府の「地方大学・地域産業創生交付金」で島根県が採択を受けた「先端金属素材グ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン