/

この記事は会員限定です

電磁波で食用油長持ち 石川県立大など新ビジネス育成

(更新) [有料会員限定]

石川県立大学(石川県野々市市)や県内企業が中心となって、電磁波をあてて酸化を抑える技術を活用し、新ビジネスを創出する研究プロジェクトが9日に立ち上がった。揚げ物用の油を長持ちさせたり、豆類や野菜を使った新たな加工食品も検討したりする。2021年夏にも事業化のための新会社を立ち上げる計画だ。

研究プロジェクトは「未来」とサステナビリティー(持続可能性)を合わせ「MILLASUS(ミラサス)」と銘打っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン