/

石川・小松市、プロジェクションマッピング

石川県小松市はJR小松駅前で大規模なプロジェクションマッピングの上映を始めた。幅10メートル、長さ70メートルで、常設では日本海側最大級という。小松の産業や四季にちなんだ映像を流し、駅周辺のにぎわいづくりにつなげる。

ホテルの前にある通路に映像を投射する

駅東口と市の科学館「サイエンスヒルズこまつ」を結ぶ通路を活用する。エイチ・アイ・エス(HIS)子会社が運営し、通路の横で24日に開業する「変なホテル 小松駅前」の屋上に24台のプロジェクターを設置した。毎日、日没から午後9時まで映像を自動再生する。

映像の中には、花など自然のほか、特産のトマト、小松空港の飛行機やコマツの建機などが登場する。毎日、午後8時には誕生日など記念日を祝う映像を流し、観光客らが記念撮影できるようにする。

市が事業費5000万円以下の条件で運営者を募集し、ウシオ電機子会社のウシオライティングに委託した。同社は「24分割された映像だが、1つのきれいな映像に見えるのは、映像連結などの技術によるもの」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン