/

この記事は会員限定です

神戸港、海上利用しやすく 飲食店やマリーナ呼び込みへ

[有料会員限定]

神戸市は神戸港ウオーターフロントの海上の一部について、民間企業の長期占用を認める方針を固めた。2021年度にも条例を改正し、これまでの1年ごとから10年以上と更新期間を大幅に延ばす。「民設民営」による経営戦略を立てやすくし、水上レストランやマリーナ施設などの誘致を目指す。市中心部との回遊性を高めながら人を呼び込む。

対象水域は同市中央区の旧港湾地区の新港第1突堤と第2突堤に挟まれた5㌶。三宮など市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン