/

この記事は会員限定です

愛媛の昭和刷子、脱プラ対応 竹製歯ブラシや再利用促進

[有料会員限定]

ホテル向けの歯ブラシなどを製造する昭和刷子(ぶらし、愛媛県内子町)は、プラスチックごみの削減に向けた取り組みを加速させる。取引先のホテルなどと協力して同社製の歯ブラシのリサイクルを進め、5月からは環境に優しい竹製の歯ブラシの販売も始める。世界的に環境・社会・企業統治を重視するESGの潮流が広がる中、プラ製品のリサイクルが進んでいなかったアメニティー業界でも環境に配慮した製品の需要が高まると見て攻勢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン