/

この記事は会員限定です

富山の2長老、経営指導で起業 前知事や情報会社元首脳

[有料会員限定]

富山県の行政と経済界をけん引してきた人物が4月、相次ぎ経営コンサルティング業を始めた。2020年11月に知事を退任した石井隆一氏(75)は若い世代の創業、情報システム会社インテックの中興の祖である中尾哲雄氏(85)は中堅・中小企業を支援する。県内で知名度の高い2人が70~80歳代で起業する動きは「人生100年時代」の象徴とも言える。

「若い経済人に『自分たちにアドバイスする役割を果たしてほしい』と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン