/

石川樹脂工業、マスク内のフレーム 原料に伊藤園の茶殻

プラスチック製品の石川樹脂工業(石川県加賀市)は、樹脂に茶殻を混ぜたマスクフレームを開発した。マスク内に装着すれば口元の空間を確保し、メーク崩れやムレなどを防ぐ。伊藤園が商品を生産する過程で発生する茶殻を2割混ぜ、石油由来の原料を減らして環境に配慮した。

茶殻を混ぜ、石油由来原料の使用量を2割減らした

「茶殻入り3D立体快適マスクフレーム」は、幅10.6センチ、奥行き5.9センチ、高さ5.4センチ。色は淡い緑色で、マスクに装着しても目立ちにくい。デザイン会社のsecca(セッカ、金沢市)と開発した。水洗いだけでなく、漂白剤やアルコールでの洗浄も可能。繰り返し使える。

通販サイト「アマゾン」での販売価格は3個入りで481円。小顔の人向けに小さいサイズ(幅9.5センチ、奥行き5.2センチ、高さ4.2センチ)の販売も始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン