/

北陸鉄道に新型車両、東京メトロの車両を改造

東京メトロ日比谷線の車両を改造した

北陸鉄道(金沢市)は7日、金沢市と石川県内灘町を結ぶ浅野川線の新型車両を公開した。東京メトロの日比谷線で使っていた車両を改造した。21日に営業運転を始める。

浅野川線の新型車両は24年ぶり。日比谷線の車両をワンマン運転ができるよう1編成2両に改造した。北陸鉄道のコーポレートカラーであるオレンジのラインを入れ、除雪装置や運賃箱などを装備した。

北陸鉄道の新型車両(左)と現在の車両

2023年度までに今回の2両を含めて計10両を導入する予定。投資額は約15億円を見込む。北陸鉄道は「空調などの性能がよくなることから、既存車両と比べて乗り心地が向上する」と説明する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン