/

この記事は会員限定です

「繊維、ロス多い生産見直す」蝶理の吉田北陸支店長

北陸 トップの視点

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で北陸の繊維業は苦しい状態にある。合繊の一大産地として知られる3県の織物生産量は、全国の約半数を占める。繊維商社の蝶理は北陸産地との結びつきが強く「北陸蝶理会」を主宰している。産地の現状や今後を、取締役上席執行役員の吉田裕志北陸支店長に聞いた。

――北陸産地の現状は。

「新型コロナの打撃は大きい。特に衣料。北陸の生地は織物が多く、ジャケットやコートといった外出用に使われる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン