/

この記事は会員限定です

テレワーク共用施設 愛媛各地に新拠点 移住促進狙い

[有料会員限定]

テレワークの共用施設の開業が愛媛県内で相次いでいる。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って増えた企業のテレワーク導入に対応するとともに、県外からの移住者を呼び込む狙いがある。飲食・サービス業を中心に事業環境が厳しさを増す中、新拠点が起業家同士の交流や産業創出につながることへの期待も大きい。

県南西部の内子町で1日、テレワークの共用スペースと移住相談窓口を備えた「南予サイン」が開業した。1~2日に計1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン