/

大豆で作った手羽先おつまみ 岡山のカバヤ食品が発売

大豆で作った手羽先おつまみ――。菓子製造のカバヤ食品(岡山市)は大豆を主原料にした加工食品「これが大豆!? 手羽先味」を開発、全国のコンビニなどで販売を始めた。

カバヤ食品の「これが大豆!? 手羽先味」

大豆の粉末に水を加え熱、圧力をかけて、チキン風味の調味料やチキンエキス、香辛料、食塩などを混ぜ込んで作った。1粒は長さが5センチ程度と実物の手羽先に比べると小ぶりだが、かみ応えのある食感とスパイシーな味を楽しめる。「食物繊維入り」「植物性たんぱく質」を前面に押し出して大人向けに販売拡大を狙う。1袋16グラム入りで販売希望価格は130円(税別)。

同社では「健康志向」「簡便化志向」の高まりを受けて「大豆ミート」に注目。2016年に大豆を原料に使ったしょうゆ味のジャーキー風おつまみ「ソイジャーキー」を全国発売するなどしてノウハウを蓄積しており、「今後も食肉の代替となる加工食品開発に力を入れたい」(研究開発室)としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン